別注オープンカラーシャツ・コーディネート

本日は、前回のブログの続きで
別注オープンカラーシャツを使った
コーディネートをご紹介致します。

 

まずは、赤チェックと
OLIVEカラーの細身のチノパンで。

Utility Garments

赤チェックとチノパンと言えば
KHAKIカラーを合わせるのが多いですが
今回はOLIVEカラーをチョイスしました。

OLIVEカラーのチノパンは色味のせいか
ミリタリーパンツの陰に隠れがちですが
一本あると非常に使い勝手良いアイテムです。

オープンカラーの男らしい印象のシャツと
軍パンとは違う細身のシルエットと品のある
光沢感がカジュアルになりすぎず良いと思います。

 

 

お次は、青チェックとニットスラックス。

Utility Garments

青チェックは綺麗な印象になるよう
ウールのスラックスをチョイスしました。

よくある細身の綺麗なスラックスではなく
腰回りにゆとりを持たせたテーパードシルエットと
特殊なニット編を用いて作られたスラックスの素材感で
リラックスした雰囲気をプラスしました。

 

 

そして細身のパンツが続きましたので
最後はワイドパンツで合わせてみました。

Utility Garments

 

Utility Garments

 

一番最初のコーディネートで使った細身のチノでは
KHAKIカラーを外しましたが、ワイドシルエットなら
この色かミリタリーパンツが非常に重宝します。

いつもなら、細身のシャツに細めのボトムスで
スッキリコーディネートすることが多いと思いますが
あえて緩さを持たせてあげることで普段とは違った印象になり
マンネリ化せずファッションを楽しんで頂けると思います。

 

 

 

今回、なぜオープンカラーシャツで別注したのかと言うと
今シーズンはシャツの種類や形で着こなしをそれぞれ
変えてみて頂きたかったからです。

今までなら、B.D.シャツやレギュラーカラーのシャツは
そのまま着る方がほとんどだった思いますが、
今年はあえてタックインしてクラシックで
大人な着こなしなどいかがしょうか?

そして、オープンカラーのシャツは前を開け
男らしくルードな着こなしが、著者自身も気分であり
皆さんにも是非試してみて頂きたい着こなしです。

 

Utility Garments

Utility Garments

 

男らしい見た目とは裏腹に
着心地は抜群の素材を使用しています。

是非、お試しください。